2F病棟(一般病棟)について

■病棟目標

患者さんファーストをこころがけ、適切な看護サービスを実践していく。

 

 

■一般病棟の業務 

2F病棟は整形外科・内科を中心とした33床の病棟で、整形専門医(上肢・下肢・肩・膝・股関節)、内科専門医(熱発・肺炎・食思不振)により、さまざまな疾患の患者さんを受け入れています。そのため、手術目的の予定入院、緊急入院も多い病棟です。超高齢化社会の中で高齢の患者さんの入院も増えており、安心して退院後の生活が送れるように、退院後の生活を見据えた退院支援の介入も行っています。若い看護師とベテランの看護師が協力して手術や入退院に対応しています。